2016手仕事の風景2

フィールドオブクラフトの楽しみは、お気に入りのクラフト作品を求めて会場を歩く以外にも、手仕事の息吹にふれ実際に体験できるワークショップに参加したり、厳選されたフードを楽しんだり、心にぴたっとフィットする一冊の本にばったり出逢ったりと様々です。

晴天の空の下、来場者のみなさんが思い思いに会場で楽しそうにすごしていた風景をお届けします。

2016FOC_00_13_ic

ワークショップブースは朝から大勢の親子連れでにぎわいました。

型染めに、陶芸に、組木、木のおもちゃ、ガラスのモビール、パンフルート作り、張り子の絵付け、ルリユール….どれを体験しようか悩みますね。

 

2016FOC_W8_01_ta (1)

今回初のワークショップとなった地元の特産品のいぐさを使った、いかご。

2016FOC_W8_01_ic

作り手がつくるのとまったく同じ方法でつくる本格的なワークショップは四苦八苦しつつ、でも出来上がったときの嬉しさは格別ですね。

2016FOC_W7_01_ta

 

2016FOC_W3_01_ta

 

2016FOC_W2_01_ta

2016FOC_W4_01_ic   子供以上に真剣なお父さんやお母さんや、創造の世界に浸る真剣な表情や、こぼれる笑顔を見せてくれる子供達の姿は本当に嬉しくなります。
作る事の楽しさを、完成したときの満たされた感覚を、ずっと覚えていてくれるといいなあ。

 

2016FOC_00_09_ic

すっかりおなじみになったフードコーナーのスタンディングテーブルとガーランド。
昨年まで実行委員会をひっぱってきたOB達は、「ここでこうして飲みたかった〜!」と朝から気持ち良さそうにビールをぐびぐび。スタンディングスタイルだ と、お客さん同士が「どうぞどうぞ」なんてちょっと詰め合ったり、日向になってしまった場所から移動してくれたりしている光景もみられて、とてもいい雰囲 気でした。

2016FOC_00_11_ic (1)

フードブースも朝からフル稼働。

まずは、腹ごしらえしてから、お目当てのお弁当を確保してから、会場回ります!という方も多く、ちょうどお昼の時間帯に早々と完売していることがないように飲食の出店者のみなさん、気合いを入れて準備をしてくださっています。
しかもどれも厳選素材で、手が込んでいて美味しそう….!

 

2016FOC_F5Ab_02_ic2016FOC_F3_01_ic

2016FOC_F6_02_ta (1)2016FOC_F5Aa_01_ic

 

お天気が良かったので、冷たいドリンクやスムージー、ジェラートのブースも大忙し。

2016FOC_F4_01_ic

2016FOC_F5Ba_04_ta

イベントでは表に出る事が少ないゴミの始末についてですが、ゴミ箱横にバケツをおいて、cup!と書いておいたらみなさんちゃんと残った氷をバケツに捨 て、カップやフードトレーを重ねて捨ててくれるのです。マナーを守ってくださるたくさんの来場者のみなさんにほんとうに感謝しています。

 

2016FOC_F8_02_ta

会場の一角の静かな場所に、美しくしつらえられた2days cafe。

2016FOC_F8_02_ic

グリッドキッチンがブーランジェリモンシェリーの天然酵母パンを使ったランチを出展作家の器で提供する企画は
ランチセットの整理券は早々に配布終了してしまいましたが、ゆったりと落ち着いて美味しい食事を頂けてみなさんくつろいでおられました。ティータイムのおやつや軽食、コーヒーもどれも丁寧に準備されたものばかりで、出展作家の器と引き立て合い、よく映えていました。

運ばれてくると、みなさんまずはスマホでパシャ!思わず撮影したくなってしまう美しいテーブルでした。DSC_0906 (1)s_2016FOC_F8_15_ta

食と器のコーディネイトもこの時だけ、2日間だけの出逢いを楽しんでいただける企画でした。

 

2016FOC_bunko_02_ta2days cafeの席に座って隣をみると、なんだか気になる本が並ぶブース。

スロウな本屋の小倉さんがフィールドオブクラフトのために選書するFOC文庫は喧噪の中でもゆっくりと本の世界を旅することができるように、椅子や日陰を用意しています。2016FOC_bunko_01_ta

 

2016FOC_bunko_03_ta大人も子供もそれぞれに心をぐっとつかまれるような本がならんでいました。

 

2016年のフィールドオブクラフトもたくさんのお客様にご来場いただき、サポーターの方々のご協力をいただいて無事に終えることができました。

すでに、2017年、次回のフィールドオブクラフト倉敷にむけて始動をはじめています。
夢中になる子供達の姿に、来年も会場のあちこちで出逢う事ができますように。