HOME  >  展示  >  陶磁  >  叶谷 真一郎

陶磁  |  叶谷 真一郎    Shinichiro Kanouya

今回のFOCに、どんな作品をお持ちくださる予定ですか?

定番となっている灰粉引の器に、最近作り始めている黒釉や来待釉、三島の器。
なるべく楽しく選んでいただけるように、たくさんの種類の物を並べられたらなと思います。

もの作りの背景を伝えるために、今年のFOCではどんな展示を企画されますか?

前回に引き続き、簡易金継ワークショップをします。
13,14日 11:00〜12:00
各自2点まで。(欠けは2点、割れは1点まで、陶磁器のみ)
¥800(売上は募金に寄付)
新うるしを使って、錫または銅を撒いて仕上げます。

倉敷で、FOC以外に楽しみにしている場所、モノ、コトがあれば教えてください。

倉敷の美観地区の代表的な古民家カフェ”三宅商店”にはよく行きます。
あと、大原美術館や倉敷民芸館など、見どころはたくさん。

お世話になっております、岡山市北区の“アートスペース油亀”さんもとても面白い展示をされています!

残念ながら、出展の時はなかなか寄れませんが・・・

TOP