HOME  >  展示  >  陶磁  >  谷口 晃啓

陶磁  |  谷口 晃啓    Akihiro Taniguchi

今回のFOCに、どんな作品をお持ちくださる予定ですか?

約15年前から作り続けている定番の白磁四方皿から、
数年前から取り組んでいる薪ストーブと薪ボイラーの灰を釉薬にした器まで、いろいろな器を出展させていただきたいと考えています。

もの作りの背景を伝えるために、今年のFOCではどんな展示を企画されますか?

制作に使う道具類の展示。
ロクロ、型それぞれの制作工程の写真の展示。
磁土、乾燥素地、素焼き素地、本焼き焼成品を展示することにより、質感や収縮などの変化を感じて頂く。

薪ボイラーの灰(主に針葉樹)と薪ストーブの灰(主に広葉樹)を釉薬に使用した器により
木→エネルギー→灰→器 という生活と仕事のつながりを、薪、灰、器、写真などを使って表したいと思います。

制作のワークショップではありませんが、コーヒードリップサーバーの使い方実演をさせていただきたいと思います。
コーヒードリッパーとサーバーが一体になったコーヒードリップサーバーを使い、実際にコーヒーを淹れ使い方を説明させていただきます。
ご要望があれば、体験も大歓迎です。
(十分な量を準備しますが、コーヒー豆、水等無くなった場合は申し訳ありませんが終了させていただきます。)

倉敷で、FOC以外に楽しみにしている場所、モノ、コトがあれば教えてください。

いろいろ行ってみたいところはありますが、土曜の朝到着して日曜の夜に出発しますので残念ながら何処にも立ち寄ることができません。
お土産は、「ぶっかけうどん」と「きびだんご」を毎回買って帰ります。

TOP