HOME  >  2020展示  >  金属  >  村中 保彦

金属  |  村中 保彦    Yasuhiko Muranaka

今回のFOCではどのような展示をされる予定ですか?

展示は、ステンレス鋳物ができるまでの工程を写真等で理解していただけるような資料を作るとともに、粘土原型、シリコン型などや、ステンレス板、またこれらに使う道具等を合わせて展示します。
作品においては、作品をただ並べるだけではなく、作品が並ぶことにより風景を感じられるような展示ができればと考えています。

長く使っている「もの」や、続けている「こと」を教えてください。
また、その理由や続けていくことで気づいた点などもあわせて教えてください。

長く使っているものは何といっても作品作りの道具です。原型を作るときの竹べらやスパチュラ、金属を加工するためのサンダーなどの工具になります。

TOP