HOME  >  2020展示  >  陶磁  >  山下 透

陶磁  |  山下 透    Toru Yamashita

今回のFOCではどのような展示をされる予定ですか?

今回は倉敷では初めてのワークショップをさせていただきます。本展のテーマに合わせて「植木鉢」を作っていただく体験です。
普段は食器や表札、タイルに施している装飾技法を参考にしながらご自身の好きな模様の植木鉢を制作していただきます。
またワークショップでの制作風景を見ながら展示している食器をご覧いただけると、装飾の見え方も変わって見えるのではないかと思います。

長く使っている「もの」や、続けている「こと」を教えてください。
また、その理由や続けていくことで気づいた点などもあわせて教えてください。

京都の町屋を住居兼工房にしています。住み始めて10年、築年数は不明です。
町屋の造りは外光が入りにくく、冬は京都の「底冷え」を直接感じるなど面倒はありますが、
壁を塗ったり建具を調整したりしながら住んでいます。
朝、家族を見送ると仕事を始めて、段取りしていた予定を夕方までに終わらせて、その後は
また家族と過ごす。淡々としたリズムを用意することで暮らしと仕事を整えることを心掛け
ています。
建物と自分の関係を実感できる町屋での生活は、そのためには丁度よく感じています。

TOP