HOME  >  2020展示  >    >  松下 宏樹

革  |  松下 宏樹    Hiroki Matsushita

今回のFOCではどのような展示をされる予定ですか?

靴を作る上で、材料もまた人の手で作り、整えられています、そんな、革鞣しの工場やサイズ展開して下さっている木型屋さんなど、素材の背景の伝わる写真展示や材料の欠片のようなモノの展示を予定しています。また、人それぞれの足の特徴に合わせて調整内容を伺いながら、フィッティングオーダーの靴の受注会となります。すでに履いて下さっている方々の、修理靴や、調整内容をお聞きしてお直しをお預かりします。

長く使っている「もの」や、続けている「こと」を教えてください。
また、その理由や続けていくことで気づいた点などもあわせて教えてください。

土鍋、鉄のフライパン
使い続けることで、土鍋の力や美味しさが分かるようになり、日々料理する中でその事が楽しみになっているのが、長く使い続ける理由のように思います。鉄のフライパンは、まるでこちらの気持ちを読んでいるかのように、上手くいかないことがあります。そんな時は、自分の気持ちがどこか散漫になっている。そんな会話するような存在は、より愛おしくて使い続けずにはいられないのだと思う。今のところ土鍋はこちらの気持ちに動じず、包容力満点の存在だ。

TOP