HOME  >  2020展示  >    >  重森 一祥

革  |  重森 一祥    Kuniyoshi Shigemori

今回のFOCではどのような展示をされる予定ですか?

鹿革、牛革、山羊革など、素材の特徴をいかしたバッグを中心に展示いたします。
主に染料染めのタンニン鞣し革で、使い心地の良さや機能性を考えて製作しています。
ミニワークショップでは、革製品の製作工程、仕上げかたの一端を垣間見ていただければと思っています。

長く使っている「もの」や、続けている「こと」を教えてください。
また、その理由や続けていくことで気づいた点などもあわせて教えてください。

職人見習いの時に小さい刷毛が必要となり、工場の近くの100円ショップで買った絵筆を、気付けば20年も使い続けてけています。その他にも修理をしたり砥いだり自分で加工しながら使用している道具がたくさんあります。
使い慣れているうえに取り替える理由がないため、これからも使っていくのですが、値段や品質を問わず、機能が限定的でありかつ劣化しにくい素材(木・鉄など)で単純な構造のものは、手入れをしながら使い続けることによって思いもよらず長く手元に残り、その使用年月に驚くことがあります。

TOP