HOME  >  2020展示  >  染・織・布・フェルト  >  溝口 恵子

染・織・布・フェルト  |  溝口 恵子    Keiko Mizoguchi

今回のFOCではどのような展示をされる予定ですか?

羊毛そのものの素材感を感じてもらえるよう、天然の色を生かした作品を中心に展示します。一枚の布をフェルト化する過程で丸く形作ったバッグや薄い布フェルトをミシンで仕立てたバッグなどをお見せする予定です。

長く使っている「もの」や、続けている「こと」を教えてください。
また、その理由や続けていくことで気づいた点などもあわせて教えてください。

家で一番長く使っているのは、イタリアのスーパーで購入したステンレスのフタ付きのミルクピッチャーです。フタのないものは牛乳やコーヒーを入れるもので、フタ有りのものはティーバッグを入れて使うもののようでした。とにかく壊れる心配がなく、フタがぱかっと開くので洗いやすいので、うちでは何のお茶でもそれに入れて抽出しています。かれこれ25年使っていますが、まだまだ使えそうです。機能的で丈夫なものは、安心と豊かさを与えてくれます。

TOP