HOME  >  ブログ  >  フィールドオブクラフト2022  >  開催レポート2022  >  【開催レポート】第15回 記念冊子

【開催レポート】第15回 記念冊子

2022年05月30日

第15回開催記念の冊子「変わるもの、変わらないもの。」を配布するブースには、冊子に掲載している作品を含む十数点を実際に見ていただけるよう、展示コーナーを設けていました。
冊子は2020年に配る予定でだったので、2019年の年明けには完成していたので、展示品は掲載時よりさらに使い込まれていました。
新品よりこっちの使い込んだのが良いという声が時々聞こえて来たのですが、自分で使い込むともっともっと良くなりますよ!
配布していると、お母さんたちが冊子を見ているのが羨ましい小さな女の子が私にも見せて!とおませな表情で言うのがとても愛おしかったです。
この本は保存版にしてね。もっともっと時間が経ったときに今日買ったものと並べて見直してもらえたら嬉しいな。
もう一つ、とっても嬉しかったのは冊子に掲載されていた、 幼稚園の頃から6年生になるまで毎年ワークショップで型染めTシャツを染めていた男の子が、今年も会場を訪れてくれた事。
3年前に掲載された時よりぐっとお兄さんになっていたけれど、今年も型染めを楽しんで、早速そのTシャツを着て冊子ブースにも寄ってくれました。
ご自分で金継ぎをされた器を持って来てくださった方もいらっしゃいました。お立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました。

開催2日間で2000冊を配布しましたが、どうしても会場に来れなかった方、もらいそびれたけれたけど欲しいという方は倉敷市の滔々さんと、Ryokuさんに置かせていただいています。
直接行ける方にお配りできますので欲しい方は是非お店でお声かけして見てください。冊数があまり多くないので無くなっていたらごめんなさい。

TOP